生活で使う水道代を節約する|家庭用井戸はさく井工事にお任せ

地下水源の有効化用の為に

工事現場

地中深く穴を掘る作業

地下資源を採取するために地中深く掘る作業を「さく井工事」と言います。今から「さく井工事」の流れを説明します。まずさく井工事を始める前に井戸を掘削するための付近の地層調査や地下水分布や必要な量等により場所、規模、深度を決めることから始めます。掘削位置が決まったらさく井機器と周辺機材の仮設をします。場所によっては敷き鉄板や防音壁が必要になります。それらの設置が終われば掘削作業に入りますが3つの工法があります。まず弱い堆積層から岩盤のような硬い層に対応できる「ロータリー工法」です。ビットと呼ばれる刃先をロッドに連結し回転させることにより地層を削って掘削していく方法です。主に水道水源や工場用井戸、温泉井戸などの大規模な井戸の掘削に利用されます。そして柔らかい土地や崩れやすい地層に適した「パーカッション工法」があります。これは重量のある掘削ビットをワイヤーロープに吊り下げ上下に動かし地層を叩きながら掘削する方法です。砂層や玉石層に利用されます。そして3つ目は小規模な家庭用の井戸や狭い空間に適した「エアーハンマー工法」があります。掘削と同時にケーシングの挿入がが可能なため工期を短くし価格も安くできると言うメリットがあります。また掘削中に水量や水質を把握することもできます。掘削作業が終わったら地下水の状況や電気検層の結果で位置を検討し孔壁を保護するケーシングを挿入します。揚水試験の後、揚水ポンプを設置したら「さく井工事」の終了です。