生活で使う水道代を節約する|家庭用井戸はさく井工事にお任せ

井戸作りの予備知識

井戸

着工前に知っておくこと

井戸水は月々の水道料金がかからないのでコスト削減に大いに役立ちます。しかも井戸掘りには資格が必要ありませんので、誰でも作業を行うことができるのです。とは言っても、やはり素人には難しい工事なので、さく井工事専門業者に依頼するのが一般的です。そこで業者の選択と費用が大きなポイントとなります。さく井工事にかかる費用は、その目的や地質、工事設備の設置等で大きく変わります。始めに目的ですが、地下水は掘る場所や深さによって水質や水量が異なります。よって飲用なのか雑用か、どの位の量を必要とするかで費用にかなりの差が発生します。次に井戸の大きさ(直径)や使用する資材によっても同様で、汲みあげる管の材質や長さ、ポンプの種類等で費用は変わってきます。一概には言えませんが、さく井工事にかかる費用としては数十万から百万円は最低でも用意する必要があります。業者に依頼する前に、井戸を作る予定の土地に地下水脈があるかどうかを、役所の下水道管理課や近隣のさく井業者に付近の井戸設置状況をヒヤリングしておくと余計な費用を抑えることができます。さく井工事は見積り段階では無料の業者が多いですが、実際に着工してしまうと何らかの費用は必ず発生します。水が出なかった場合でも見積額の数パーセントを請求される恐れもありますので、これを確認することで無駄な工事にかかる費用を事前に防ぐ事ができます。さく井工事には費用を含め、さまざまな問題が発生する恐れがあります。情報を収集し、実績があり信頼のおける業者、又は国家資格である「さく井技能士」のいる業者に依頼することが大切です。